FPの通信講座について

FPと通信講座の相性は?

ファイナンシャルプランナーFPは、ここ数年でとても人気のある資格となったものの一つです。

 

テレビなどで生命保険会社が営業にFPの資格の取得を推奨していると
メッセージを出していることでも有名になりました。

 

実際に、FPの試験はとても受験者数もとても多い試験でもあります。

 

合格率だけを見れば、入門である3級はとても高い合格率の試験です。

 

FPの試験システムは少し特殊で、2つの会社が主催しており、きんざいとFP協会があります。
3級に関してはきんざいのみが試験を行ってきたわけですが、
2011年よりFP協会も3級を始めました。

 

きんざいの合格率は学科が60%前後、実技が50%程度になっていますが、
FP協会はもっと高く、学科は80%前後、実技は92%以上ととても高い数値になっているのです。

 

こういったFPではありますが、初学からでは結構障壁が高いと言われる部分があります。
それは、知ってそうで実はよくわかっていないことが出題されるため、
通信講座を利用したりすることが、合格の早道とも言われているのです。

 

通信講座のコースによっては、FP協会のAFP認定研修に指定されていることもあり、
3級を受けずに2級を受験することが可能なものもあります。

 

目指す先を決めて、通信講座などを利用することも、
受験する場合には重要な意味を占めてくるのです。


>>FPに最短合格できる勉強法